RSS
Admin
Archives

Both the play and the work are fun

仕事も遊びも楽しくね!

プロフィール

Ooc-Ryo

Author:Ooc-Ryo
ブログに書くのは現実のつまらん日常の事。
そして、へたくそだけど好きなゴルフの事。

理想は、仕事も遊びも楽しくこなした事をスマートに書きたい。
んで、ゴルフもベスト更新して70台を出したいな。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

p-style
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.06
26
Category : バスケ
YH中バスケ部の事

中学校最後の大会。
夜の練習で得点源の1人が捻挫をしてしまった事もあり心配は尽きない。

自分も捻挫をしてテーピングを散々巻いているので、動く事を前提としたキツメのテーピングを施す。
テーピングをした後は、動けると言っていたので、まずは一安心だ。

各プレーヤーの分担を明確にして来たが、今回も確認の為に試合前のミーティングできっちりと復習。
それぞれの役割を果たす事で、勝ちに近づくはず。

試合が始まり、予定通り#4が勝手に点を取りに行く。
相手のエースにインサイドで点を入れられるが、リードする時間も多い。
#4のドライブ等に反応した相手に対して、合わせるプレーも多く出て良い感じで試合は展開。
1Qを12-14で2点リードで終える。

2Q開始当初に捻挫をしている#5の3Pが成功。
#5のインサイドプレーも冴えて得点を重ね、一時は8点のリード。
しかし、#7、#6のターンオーバーからリズムが狂いだす。
#5のターンオーバーや相手の連続得点で8点のリードは無くなり同点に。
その後は#5のインサイド、#4のドライブからストップジャンプシュートで加点をして、前半は31-33の2点リードを保ったまま終える。
後半も同じメンバーでスタート。
センターの#8、インサイドを攻めた#5の連続得点でリードを広げるが、相手のエースに決められて、一進一退の展開。
#5、#6のターンオーバーで同点に追いつかれるが、#4のミドルシュート、#5のドライブ、#4のインサイドで点差を6点に拡げる。

しかし、点は取るがターンオーバーが多い#5のミス等もあり、すぐに1点差に・・・
#4の得点で3点リードに拡げるも、#8が痛恨の4つ目のファールで相手のエースにフリースローを献上。
その後5点リードと得点を重ねるも、#7のターンオーバー、#5のファール、#5のターンオーバー等もあり同点に追いつかれる。

しっかりと決めたい時に、#6のターンオーバーから失点し相手に3点のリードを許す。
追いかける状態・・・

#6、#5と立て続けにシュートを落とすが、相手のエースはキッリチと得点をする。
#4も負けずとシュートを打つが、ゴールに嫌われる・・・
3Qの最後に#5が得点して、3点のビハインドで最終Qを迎える。

最終クオーターは、相手のシューターの得点からスタート。
#5のインサイドで応戦をして、逆転に成功。
相手に3Pを決められ同点となるが、#4のドライブに#5が合わせて1ゴール差のリードを保つ。
相手のミスも有り、同点のまま終盤に突入。
お互いに焦りがある中で、#4がターンオーバー・・・
相手のエースに得点を決められるが、#5の果敢なプレーでファールを貰いフリースローを決めて同点。
相手のシューターに決められても、#4のドライブで取り返す。
フリースローを落とす物の、ルーズボールを拾った#7の得点で2点のリード。
しかし、相手のエースの連続得点して2点のビハインド。
#5のターンオーバー、#5,#4が連続してシュートを落とすて追いつく事ができないが、#4がOFリバウンドを取り、合わせに入った#7が決めて同点に。

残りは1分少々。
ディフェンスに冴えを見せて、相手にシュートまで行かせないが、放り投げた様なシュートが入り、相手の2点リードに。

反撃すべく、シュートに向かった#5だが、シュートまで行けずにターンオーバー。
残り少ない時間、相手のスローインを#4がスチール。
こぼれたボールに飛びつき、#7にパスをする。
#7のパスが#10に渡るが、#7のトラベリングによりターンオーバー。
相手に時間を上手く使われて試合が終わってしまった。
結局72-70で1ゴール差の敗戦で、3年生最後の試合を終える事となった。

顧問の先生には、2年間面倒を見て頂いた事に感謝をしたい。
しかし、生徒達が勝てなかったのは顧問や私の責任として感じてもらいたい。

バスケットを続ける生徒達は、これからの為に今日の悔しさを活かして欲しいと思う。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。